レーザー脱毛 光脱毛 違い

レーザー脱毛は光脱毛より効果が高い理由

脱毛手法には医療レーザー脱毛と光脱毛があります。
基本的な原理は同じですが照射する光の出力がレーザーのほうが高いとされているため効果もあるという説明が多く見れれます。
とくに医療関係者のホームページではそのような記述が見れれます。
しかし、具体的にどうように違うのかがはっきりしていないため理解が難しいです。
ここではもうすこし噛み砕いて説明できたらと思います。

 

 

 

まず、レーザー脱毛は光脱毛に比べて効果が高いという前提から疑問になってきます。
確かに出力の強いものは効果が高いというのは納得できますが、
光脱毛も原理は一緒です。
ということは出力に関係なく同じ効果が出そうな気がしませんか?
これについて説明したいと思います。

 

 

 

レーザーも光脱毛も原理は同じです。
しかし、出力の違いは効果の違いに直結するのは間違いないことです。
レーザー脱毛も光脱毛も光を肌に照射して脱毛をしていきます。
光というのは基本的に真っすぐ進みます。
体毛というのは必ずしもまっすぐ生えているとは限りません。
ムダ毛をじっくり観察するとどちらかというと斜めに生えています。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

光脱毛は毛根部に対して働きかけるものなのでそこに届かなくては効果がありません。
光は障害物がない状態の方が届きやすいです。
最も効果的に光を届けようとしたら毛穴を通すのが一番良いのですが斜めになれば
肌を貫通させて働きかけるしかありません。

 

 

 

そうなれば障害物を貫通することになりますから弱くなります。
レーザー脱毛というのは出力が強いので肌を貫通するときに多少の光エネルギーが失われても効果は出やすいといえます。
一方、光脱毛は出力が弱いのでレーザーに比べたら効果も低くなります。

 

 

 

確かにどちらも同じ原理ですから肌の状態が素晴らしく良く光がと届きやすい状態であるのならば、おそらくレーザー脱毛でも光脱毛でも同じような効果になるでしょう。
しかし、肌の状態は人それぞれですしムダ毛の状態もさまざまです。
確実な効果を求めるのであれば、レーザーの強い光源で脱毛するほうが良いということになるのです。

 

 

 

ムダ毛の照射についでもそうですが、光の出力そのものもムダ毛に与える影響というのは変わってきます。
一度の照射ですべてのムダ毛が同様に抜けてくれればなにも心配はいりません。
しかし、現実は抜ける毛と残る毛はバラバラです。

 

 

 

光方式の脱毛は毛根部に働きかけて毛根部に変化を起こして栄養が毛に流れないように仕向けて自然に抜いていく方法になります。
この栄養が流れない状態にするということ自体もまたそれぞれということになります。
一度の照射で栄養が全く送られない状態にできる毛もあればそうでないけ毛も出るでしょう。

 

 

 

一度の照射で栄養の遮断ができないムダ毛は何度も照射を繰り返すことで脱毛をしていきます。
そうなるとやはり出力の高いもののほうが効果は出やすいといえるのです。
医療レーザーの効果が高いと言われるのはこのような理由もあるのですね。

 

 

 

脱毛回数というのは人によって違いが出ます。
その違いを極力する少なくするの方法は効果の高い方法を選ぶということになります。
レーザーは照射する光が強いわけですから効果も高く回数も少なくて済むでしょう。
光脱毛に比べたら確実に光が毛根部に届くと考えられます。

 

 

 

その副産物的な効果も期待できます。
レーザー脱毛は痛みが強いという話をよく聞きます。
この理由は光が強いため毛根部に働きかけるときの熱量も高いです。
低温のものより高温のものを肌につけた時「あつっ!」ってなりますよね?

 

 

 

ムダ毛にかぎらず、毛が生えると言うのは毛母細胞のはたらきがあるからです。
毛母細胞はムダ毛の根本にあたる毛乳頭と接続され栄養を送ります。
この毛母細胞の働きによって毛が生えるのでこの細胞をなんとかすることでムダ毛が生える環境を抑えこむことができると考えられます。

 

 

 

ニードル脱毛は電気針を毛穴に通して電気を流し細胞を破壊する手法です。
レーザー脱毛は強い光で毛根部を加熱し変化を起こさせますので一緒に毛母細胞側にも働きかけられる可能性があります。
もしレーザー脱毛でニードルと同じく毛母細胞の破壊が行えれば永久脱毛と同じことになといえます。
確実とはいえませんが光脱毛で失敗をしてレーザーで成功したという人はこのような影響を受けている可能性があります。

 

 

 

よく、光脱毛は効果が無いからレーザーがオススメという話を聞きますがそれもまた人それぞれということになります。
確かにレーザーは効果は高いと言えますが、その分肌への負担は大きいます。
光脱毛は肌に負担のない手法になりますが、レーザーとなればムダ毛に与える熱も高くなりますから肌への負担は大きく痛みが出ます。
これに耐えられる強い肌であればよいのですが、敏感肌であればレーザーは効果だけで選ぶというのは危険といえます。

 

 

 

最終的に言えることは、効果はレーザーのほうが高いのは間違いありませんが誰でもレーザーが良いということではありません。
もし肌が弱いと感じているのであれば効果のほうはまずは置いておいて光脱毛など肌にやさしい方法からスタートするのが適切と言えます。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
レーザー脱毛,光脱毛,違い,効果

[スポンサードリンク]