ケノン 生理

ホルモンバランスの乱れは肌荒れを起こしやすい

ケノンは授乳中や妊娠中、産後や生理中の使用は禁止しています。
禁止しているので使わないほうが良いのですが、仕組みを理解したら全く使ってはいけないというわけでもなさそうなので紹介してみようかと思います。
ここでは授乳中や妊娠中、産後や生理中の使用を推奨するわけではありませんのお間違いのないようご注意ください。

 

 

 

授乳中や妊娠中、産後や生理中はケノンに限らず脱毛はしないほうがと考えられています。
その理由としてよく紹介れているのがホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスの乱れというのは正常な状態とはいえませんので使用を控えたほうが良いというのは当然なのですが、ホルモンバランスの乱れとは一体何なのかという疑問が湧いてきます。
ホルモンバランスの乱れがあるから使用禁止と言われても納得出来ない人もいるでしょうから簡単ではありますが説明したいと思います。

 

 

 

ムダ毛が生える要因のひとつにエストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンがあります。
このエストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンなので授乳中や妊娠中、産後や生理中に大きく影響されることがお分かりかと思います。
エストロゲンは肌の細胞とも大きく関係しています。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

よく肌バリアという言葉を聞くかと思います。
この肌バリアは肌を保護するもので外部からの刺激から肌を防衛する働きがあリます。
肌バリアを創りだすのもエストロゲンという女性ホルモンなのです。
授乳中や妊娠中、産後や生理中はホルモンバランスが乱れています。
脱毛というのは多かれ少なかれ肌に負担をかける行為です。
肌に重要な役割のあるエストロゲンの分泌バランスが乱れた状態で脱毛をするということは肌トラブルの要因になる可能性は否めません。

 

 

 

脱毛をすることでホルモンバランスが乱れるという話をたまに見かけますが、脱毛自体にはホルモンバランスを乱す要因はないと考えてよいです。
女性ホルモンの脳からの指令を受けた卵巣から分泌されるものです。
肌にいくら刺激を与えたところでホルモンの分泌が促されることはありません。
つまりホルモンバランスを乱す原因にはなりにくいのです。

 

 

 

ただし、脱毛が思うように進まずイライラして脳にストレスを与えるようなことがあれば間接的に影響が出る可能性はあリます。
現代社会はストレスや食生活の乱れなど脳の働きが悪くなるようなことが多いです。
脳が正常でなければ卵巣に女性ホルモンの分泌を促す信号を発することがなくなり、最悪の場合は生理が止まってしまうという自体にもなりかねません。
ここで来ると脱毛云々では済まされなくなります。
脱毛を考えるなら肌の状態も含めて心身ともに正常な状態で行うというのが一番良いのです。

 

 

 

授乳中や妊娠中、産後や生理中の期間はホルモンバランスが乱れやすくなります。
女性には生理という現象がありますね。
これは将来妊娠して子供を出産できるような体づくりをするための準備であり女性のとっては正常なことになります。

 

 

 

生理にはエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが関係します。
生理期間の開始とともにエストロゲンの分泌が増加していきます。
しばらく分泌の増加が続き頂点を迎えると徐々に減ってい、排卵を迎えると再び分泌が増加します。
排卵を境にもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンの増加も始まります。
エストロゲンとプロゲステロンはほぼ同時期に分泌の頂点迎えて、以降は減少していき生理が終了します。

 

 

 

妊娠中というのはこのような不安定な状態が長期間続きます。
産後は母乳が出るなどホルモンバランスが乱れている状態となります。
プロゲステロンはエストロゲンと反対に肌荒れの原因にもなるホルモンです。
初期段階ではプロゲステロンがエストロゲンの分泌量を上回るのが一般的。
光脱毛は肌にやさしい脱毛手法ですが、肌の状態が良好でなければ肌荒れを助長することになりえます。

 

 

 

ホルモンバランスの不安定さというのは肌の不安定にもつながってきます。
肌荒れを起こしやすい状態にわざわざ脱毛するというのはトラブルのもとですから控えたほうが良いということになります。

 

 

 

ムダ毛と言われ処理される体毛なのですが、人間の体にとって全く不要なものというのは数は少ないです。
代表的なのは盲腸でしょうか。
それ以外は何らかの役割を持っています。
妊娠をするとお腹まわりにムダ毛が生えてくるという経験をされている人がいます。

 

 

 

頭の髪の毛というのは頭を守るために存在すると言われています。
体毛の中でも軍を抜いて多いのが髪の毛ですよね。
脳は体すべての信号を担うもっとも重要な部分です。
よって体は髪の毛という防衛手段で防御を固めようという働きを見せるわけです。
実際に髪の毛は紫外線のような有害光線を防御する重要な役割をしています。

 

 

 

これと同じようにお腹まわりにムダ毛が増えるというのは体内の生命に対する防御反応ということが言えるのです。
ハイジニーナのムダ毛もまた生命の誕生に重要な役割を果たすからムダ毛が多いということです。
妊娠中やその前後はカラダの守がより強くでる期間でもあリます。
難しいところではありますが、人間の自然原理に逆らって無駄毛の処理をするというのはあまり望ましくはありません。

 

 

 

といっても身だしなみに気を使わないわけにも行きません。
どうしても気になるというのであれば妊婦さんであれば担当医がいるでしょうから相談してみるのが良いと思います。
ケノン光脱毛はホルモンバランスに影響が出る可能性は低いですがハイジニーナ脱毛などデリケートな部分は影響があるかどうかは素人目には判断できません。
ケノンは授乳中や妊娠中、産後や生理中の使用は禁止していますが、医師の許可があれば自己責任で使うことはできるかと思います。

 

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,授乳,妊娠,産後,生理

[スポンサードリンク]