ケノン ミュゼ 比較

ミュゼは予約と勧誘が難点?

脱毛サロン大手といえばミュゼプラチナムです。
ここではミュゼとケノンの比較をしてみたいと思います。
しかし、脱毛サロンと家庭用脱毛器を単純位比較するというのは難しいです。
ということで、当サイトはケノンを紹介しているサイトなのでミュゼに比べてケノンの良い所をピックアップして紹介したいと思います。

 

 

 

ミュゼプラチナムは略してミュゼという名前で親しまれておりバスや鉄道の車内広告で見かけることが多いかと思います。
トリンドル玲奈さんをイメージキャラクターにしており斬新なキャッチコピーが目を引きます。
キャッチコピーも目を引きますが広告で注目すべきは価格のやすさ。
時期によって違いますが数百円で脱毛し放題という破格を見せています。
この安さが人気で女性から指示を受けていると言ってもも良いくらいです。

 

 

 

女性の人気脱毛箇所といえば両ワキです。
両ワキのキャンペーンをやっている脱毛サロンやエステサロンは数多くありますがミュゼを上回る価格で出しているサロンはそんなにありません。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

その他にも

  • 高い技術を身につけたスタッフ
  • お客様満足度No.1
  • 直営店舗数No.1

という強みがあリます。

 

 

 

ミュゼのスタッフはJEMエステシャン認定試験をクリアしてお店に立つことができるようになりますので技術力はお墨付きです。
そしてサロンの数の多さもポイントです。
脱毛サロンは通いやすくなければ流行りません。
ミュゼは全国に170店舗以上ありますので地方でも通いやすい環境になっています。
店舗は年々拡大を続けており1年で10店舗以上増えているように見えます。
業績好調ということが伺えます。
お客様満足度No.1というのも納得できる脱毛サロンです。

 

 

 

人気の高いミュゼですので脱毛をしようと考えた女性であれば一度は検討してみても良いかと思います。
ミュゼはエステシャンの検定をクリアしている人ばかりですからプロの目線からアドバイスを受けられますし脱毛に関する知識も増えるでしょう。
ケノンを使うにはある程度脱毛の知識がないといけないので勉強するには良い機会になります。

 

 

 

ミュゼの紹介はこのくらいにします。
支持率の高いミュゼよりケノンは優れているのでしょうか?
単純な比較は難しいですがケノンのほうがお手軽に使えるという点では良いかなと思います。
当サイトはケノンの紹介サイトなのでケノン押しでいきます。

 

 

 

ミュゼにも問題がないということはありません。
ケノンの販売ページにも書かれていますが脱毛サロンは予約が取れないという問題があります。
ミュゼにかぎらず有名な脱毛サロンは2週間位予約に空きがないというのは珍しくありません。
もちろんミュゼも例外ではありません。

 

 

 

ミュゼはありとあらゆる場所に広告を出していますので知名度はとても高いです。
安い脱毛プランも目を引くので新規の利用者が多いというのも事実です。
ミュゼの店舗といえばショッピング施設のテナントかビルの一室です。
そのような規模の店舗では対応できるお客さんの数も限られますので結果的に希望の時間に予約が取れないということになってしまいます。
ここに新規のお客さんも入ってきますからさらに予約が取りにくいです。
ミュゼは店舗拡大で予約が取れない状況を解消しようとはしていますが、それでも対応しきれていないというのが現状です。

 

 

 

脱毛サロンで脱毛を受けるための条件は厳しい物があリます。
画像
この条件に当てはまる場合は施術が受けられません。
脱毛サロンで一番恐れていることといえば肌トラブルの発生です。
医療機関でないため肌トラブルは絶対に避けなければならないことになります。
そのため施術ができる条件がとても厳しいものになります。

 

 

 

もしこの条件に当てはまる場合は予約をキャンセルすることになりますが、次の予約はいつになるかわかりません。
脱毛日と生理が重なるというのは珍しくはありません。
脱毛は毛周期に合わせて行うもので、多くの場合3ヶ月に1回になります。
予約が取れるとしたら3ヶ月後くらいになる可能性が高いです。
人気が高い脱毛サロンほどのこの傾向が強くあリます。
ケノンは家庭用脱毛器なので条件に当てはまるようなことがあっても自己判断もしくは延期が自由にできますので脱毛が自由に行える強みがあリます。

 

 

 

ミュゼは勧誘がないということで人気を博しているところもあります。
利用者の声を聞いてみると勧誘はないというものが多くあリます。
ホームページでそのように表示しているので勧誘がないというのは間違いないかと思います。
しかし、ミュゼの両ワキはとても安いですよね。
両ワキが安いのは体験プランという見方ができます。
ここで興味を持ってもらい他の部位も脱毛してもらおうというものです。

 

 

 

ミュゼも企業ですから利益を求めます。
両ワキを低価格で脱毛するだけでは経営は成り立たないでしょう。
脱毛通い放題で通っている間には少なくともおすすめプランなどの紹介は必ずあリます。
これを勧誘と捉えるかどうかは個人次第ですが。
ミュゼも利益を追求する企業であることを忘れてはいけません。
もし紹介があっても誘惑に負けず断れる度胸はあったほうが良いですね。
過去には強い勧誘をして行政処分を受けたエステサロンがありますのでシビアになっています。
一度断ればしつこく紹介してくることは無いでしょう。
もちろんミュゼの脱毛が気に入れば追加契約してみてください。
ケノンは家庭用脱毛器なのでこのような心配は無用です。

 

 

 

ケノンを販売するエムロックは推奨していなのですが全身脱毛もできます。
ミュゼで全身脱毛をする場合はセットコースの全身美容脱毛コースというものがあリます。
回数によって料金が決まるためフリープランではありません。
回数は最大で8回まで表示されていますが光脱毛は部位によりますが8回で完了ということは稀だそうです。
だいたい18回くらいは必要で料金も50万近い価格になります。
ケノンの維持費の詳細!全身脱毛の回数とカートリッジの必要個数
こちらではケノンの全身脱毛を12回で計算しましたが18回の脱毛をするとしてもカートリッジを追加あ購入するだけです。
本体が10万でカートリッジ追加購入も数万程度ですのでコストを考えたら圧倒的にケノンのほうが安いです。

 

 

 

ミュゼで仮に18回と示されたとしたら3ヶ月に1回通うことになるでしょう。
それより早いサイクルになることもあるかもしれません。
3ヶ月だとしたら4年半通うことになります。
とても気の長い話になります。
ケノンであれば毛周期に合わせるだけで良いので短期間でできます。
毛周期など脱毛の知識は必要です。

 

 

 

ミュゼは安いプランがあり取っ付き易いのですが、企業である以上は利益を出すためにあの手この手とやっています。
勧誘はないとありますが、誘惑に負けて追加契約ということもあるでしょう。
それがなければ企業として成り立ちませんからね。
何も余計なことは考えずに脱毛ができるケノンはオススメかなと思います。
最初に10万円近いお金が必要なので怯んでしまいそうになりますが、地道に脱毛をするのであれば自分でやるのが一番かなと思います。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,ミュゼ,比較

[スポンサードリンク]