ケノン 毛周期

ケノンは毎日もしくは一日置きに使っても良いが条件あり!

ケノンを使用する上で最も重要になることは毛周期です。
この毛周期を無視すると脱毛はできるかもしれませんが肌への負担が増える危険性があリます。
肌にやさしい家庭用脱毛器ケノンですが使い方を間違うと事故になることもあります。
また、ケノンは毎日使うと意味が無いという話を聞いたことがあるかもしれませんが毎日使っても一日おきでも条件をクリアすれば使ってよいです。
その点も解説してみようかと思います。

 

 

 

毛周期というのは一体どういうものなのでしょうか?
毛周期は名前の通り毛の周期です。
人間も含め動物の体毛というのは日々生え変わっています。
風呂場で髪の毛を洗うと泡立てたシャンプーに髪の毛が付着しているということはよくあることだと思います。
髪の毛は1日で50本くらい生え変わると言われており常に新しい毛と入れ替わりが行われているのです。

 

 

 

髪の毛に比べてムダ毛というものの入れ替わりは激しくはありませんが、肌のターンオーバーと同じく生え変わりが行われています。
ただし、ターンオーバーのような1ヶ月ですべて入れ替わるスピードはありません。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

毛周期を表すときに3つの期間で説明されます。

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

この3つを1サイクルとして生え変わりが行われます。

 

 

 

各期間の簡単な説明をすると

  • 成長期…体毛が成長する期間
  • 退行期…役目を終えた体毛が抜け落ちるまでの期間
  • 休止期…次に生える時を待つ期間

このようになります。

 

 

 

休止期は脱毛においてあまり重要ではありません。
もっとも重要なのは退行期になります。
成長期もまたあまり気にする必要はないかと思います。

 

 

 

ケノンの光脱毛というのは毛周期のサイクルを操作することで実施します。
脱毛をする場合は健康な成長期にあるムダ毛に光を照射して強制的に退行期に持っていくようにします。
ケノンから発せられる光には熱があり、この熱が毛根細胞に働きかけて栄養が送られるのを阻害します。

 

 

 

健康な成長期にあるムダ毛は毛根細胞を通じて肌細胞と繋がっており常に栄養が送られる状態にあリます。
これがケノンによって熱を加え変化させることで栄養が送られなくなる状態になれば成長はストップしますから自然と退行期に入ります。

 

 

 

例えば、ハンバーグを焼くと最初は肉汁がどんどんフライパンに流れ出ますがある程焼くと肉汁が内部に溜まります。
これは肉の表面が熱で変化して通路を塞ぐからです。
ムダ毛もタンパク質ですから熱を加えれば固くなりますので栄養の通路が塞がれます。
光脱毛とはこのような仕組みになっています。

 

 

 

退行期はどの毛も2週間程度と言われています。
ケノンは2週間に1回の使用を推奨しています。
これは毛周期の退行期に合わっせたスケジュールということが言えるのです。
ケノンを使う上で重要なのは退行期であり成長期と休止期はあまり考えなくて良いというのはこういう理由です。

 

 

 

人間の各機能は使わなければ自然と衰えていきます。
年齢を重ねると物忘れが激しくなったとか悩む人も多いです。
光脱毛はこの原理を活用しているとも言えます。
ケノンの脱毛は一度で終わらず何度も繰り返し同じ場所を照射します。
生えてきたら照射して抜けるのを待つということを繰り返していると細胞は徐々に不要な機能という認識をしはじめます。
そしていつしかムダ毛の生えない休止期が長期間続くようになります。
これが脱毛完了と言われるものです。

 

 

 

ケノンを使う上で毛周期は重要です。
光を照射して本来であれば2週間すると自然に抜け落ちていきますが、抜けないからといって毎日照射するようではカートリッジの無駄遣いになりますし肌への負担が大きくなります。
毛周期を理解した上でケノンを使うようにしましょう。

 

 

 

ケノンは毎日、一日おきに使っても効果が無いというのが一般的です。
これは正しいといえば正しいですし間違っているといえば間違っています。
その理由をここから説明したいと思います。

 

 

 

毛周期において退行期は2週間あリます。
照射してから2週間後には自然と抜けていきますから何度も照射することに意味はありません。
しかし、例えばこれが全身脱毛をしたいと考えたとしましょう。
光脱毛は肌内部に熱を加える行為ですから肌にやさしいとはいえ負担はかけます。
これを一度に全身にするというのは体にとっても負担になります。

 

 

 

もし全身脱毛をするのであればある程度時期をおいたほうが負担は少なて済みます。
今日は腕、明日は足などのように分けたほうが良いと考えられます。
毎日ケノンを使うのはダメというわけではありません。
同じ部位に対して毎日使うことが無意味ということであって部位が変われば無意味ではありません。
たまに絶対に使えないという勘違いをされている人もいるようなので屁理屈っぽいですが解説しました。

 

 

 

あと、男性の髭は太くてかたいのが特徴です。
非常に根が深く頑固なのが男性の髭です。
ヒゲの場合はケノンでは効果が出にくい傾向があリます。
通常ケノン照射後は栄養が送られなくなり衰退していくものですが、ヒゲが伸び続けているという現象が見られれば間違いなく栄養がストップしていません。
もしヒゲの成長が見られるのであれば一日おきなど短期間で照射して成長がストップするのを確認できるまでやったほうが良いです。
口コミを見ているとヒゲは3日に1回など短スパンてやっている人もいます。

 

 

 

ケノンは毛周期が重要です。
毛周期にあわせて脱毛をするのであれば早い段階で脱毛を実感することができるかと思います。
サロンは3ヶ月に1回ですが毛周期からはずれています。
説明が抜けましたが体毛は3分の1が表面にでているだけで残りは生え変わる時を待っています。
退行期が終わり毛が抜けたらすぐに別の細胞から体毛が生え始めます。
ケノンを使い始めて初期のうちは退行期が終われば休止期を飛ばして成長期と考えてよいでしょう。
毛が抜け落ちて新しい毛が生えてくるのが確認できればすぐできますのでスピーディーです。
毛周期を理解して正しい脱毛サイクルでケノンを使いましょう。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,毛周期,毎日,一日置き

[スポンサードリンク]