ケノン 埋没毛

埋没毛は無理せず自然に抜けるのを待つがポイント

ムダ毛の処理を自分でやると埋没毛ができることがあリます。
埋没毛というのは間違った脱毛やムダ毛の処理をした時にできるものであって通常の状態でできるのは稀かなと考えられます。
ケガをして肌を擦りむいた場合もできる可能性はあります。
埋没毛の対処は皮膚科などでやってもらうのが一般的ですが家庭用脱毛器ケノンでも同じような効果が期待できるので紹介したいともいます。

 

 

 

埋没毛とは一体どんなものなのでしょうか?
名前が示す通り毛が埋没した状態、つまり皮膚の中にムダ毛が埋まってしまいどうにもならなくなっている状態のことを言います。
目に見えてわかる症状といえば、皮膚表面に黒いブツブツが見えている状態になります。

 

 

 

ムダ毛の状態は様々でまっすぐ埋没しているムダ毛もあれば、横向きに伸びようとしているムダ毛もあリます。
どちらも黒っぽくなっていますのでよく分かります。
埋没毛が目立たなければ問題はありませんが目に見えてわかるので美肌にこだわる人であるほど何とかしたいと考えるのは普通かと思います。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

なぜ埋没毛ができてしまうかというと、たいていが間違った方法でムダ毛の処理をしてしまうことにあリます。
ムダ毛の処理といえばカミソリを使う人が多いかと思います。
ムダ毛処理に一生懸命になりすぎてついつい力を入れてカミソリを使ってしまい肌を傷つけてしまいます。
傷口ができ出血してしまうとその部分にカサブタができますね。
肌はカサブタができてやがて修復され元通りになっていきますが、もともと毛穴だった部分が塞がれてしまうので結果的に埋没毛になります。
肌を擦りむいた場合もこのようになるケースは考えられます。

 

 

 

毛抜などで無理に脱毛した場合もこれとよく似ています。
特に肌を痛めることなく抜くことができれば問題ないのですが、もし出血するようなことがあれば埋没毛になる可能性はあリます。
体毛は皮膚表面に出ているのは3分の1とよく言われます。
つまり残りの3分の2は肌の中で待機している状態になります。
カミソリのムダ毛処理と違って毛根ごと抜いてしまうので埋没毛になりにくいと考えられますが、次の毛が生えてきた時に行き場を失いますので結果的に埋没毛となります。

 

 

 

埋没毛ができる原理はこのようなところです。
肌の状態が局地的に変わってしまうため結果的にムダ毛は行き場を失い肌の中に埋もれるしかなくなり埋没してしまうということになります。
埋没毛を防ぐには肌を傷つけるようなムダ毛処理は避けたほうが良いということになります。

 

 

 

では、なぜ家庭用脱毛器ケノンで埋没毛に対して効果が期待できるかについてです。
ケノンと埋没毛の紹介をしているサイトでは、光脱毛は毛根細胞に働きかけて脱毛するので埋没毛に有効であると紹介されています。
しかし、よくよく考えれば出口のない毛なので埋没しているのです。
毛根細胞に働きかけたところで出口がないのに抜けるわけがありません。
そのような疑問を持つ人もいるかもしれませんのでもう少し踏み込んで紹介できたらと思います。

 

 

 

人間の肌にはターンオーバーというものがあリます。
良い言われるのが肌は28日間で生まれ変わるというものです。
肌細胞が生まれたら28日後には垢となって皮膚から剥がれ落ちていきます。
肌は常に生まれ代わり続けています。
たとえムダ毛の蓋となってしまっている肌も時期がすぎれば垢となって剥がれ落ちていきますからいつかは顔を出します。

 

 

 

皮膚科などでは埋没毛に対してレーザー脱毛を施して埋没毛を脱毛します。
レーザーは黒い物質に対して熱を加える特殊な光を用いているため、たとえ埋没していたとしても毛根に働きかけることができます。
これはケノンの光脱毛も同じで、レーザー脱毛と光脱毛の違いは光の強さです。
免許を持った医師しか使えない光を用いる場合はレーザーとか医療レーザーという言葉で光脱毛と区別していますが強さの違いでほとんど差はありません。
もちろん効果の出方に違いはあリますが脱毛手法としては差はありません。

 

 

 

埋没毛に対しては肌のターンオーバーと毛根細胞への働きかけという2つを組み合わせて対処していくものになります。
こういう仕組みからケノンが埋没毛に対して効果が期待できるということになるのです。
間違っても肌をえぐって埋没毛を無理矢理取り出すという無茶なことはしないでください。
さらに埋没毛があひどくなる可能性もあリます。

 

 

 

ケノンの光脱毛はIPLという光線を利用しています。
このIPLはエステサロンでフォトフェイシャルというスキンケアメニューで使われている光になります。
IPLの中でも光の強さが弱いマイルドな光線を用いることで肌内部にあるメラニンに働きかけることでターンオーバーが高まり肌の潤いやハリが蘇る効果が期待できるというものです。
ケノンは脱毛のためのIPLなので強めの光ですが、美肌効果も期待できる光線であるため肌との親和性が良いのです。

 

 

 

ケノンの利用者の口コミなどを見ていると肌がツルツルになったというものを見かけることがあリます。
これはおそらくフォトフェイシャルの効果が見られるのではないかと考えられます。
肌がツルツルになるということはターンオーバーが促進されたと見れますからね。
脱毛が目的ですから本来は肌がツルツルになるということは考えにくいですが体質によってはフォトフェイシャルの効果も期待できる可能性があるとも言えます。
ターンオーバーが活発になれば埋没毛の解消のスピードも上がるわけですから一石二鳥とも言えます。
あくまで体質によるものなのでだれでも同じようになるとは限りません。

 

 

 

ケノンで埋没毛を対処できるっということがお分かりでしょうか。
重要なのは肌のターンオーバーを活用するということです。
そのため気長に待つ必要はあリます。
光脱毛は照射してから2週間後に自然に抜け落ちるのが普通です。
自然に抜けるのを待つ脱毛方法ですから肌に対する負担は脱毛手法の中でも低い部類です。
体の自然原理を利用するので跡が残ったりする可能性も低いので埋没毛でお困りならケノンは効果が期待できると考えられます。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,埋没毛,ターンオーバー

[スポンサードリンク]