ケノン 間隔 周期

使うタイミングは自分の毛周期を確認して決める

ケノンを使ってどのくらいの間隔(長さ)頻度で使ったら良いのか?
使う間隔というのは毛周期とも密接に関係してくるので、そのあたりも含めて紹介していきたいと思います。
ケノンを使う間隔について疑問を持っている人は一度で脱毛を完了させることはできないことがお分かりかと思いますので、そのあたりの説明はここでは省略します。

 

 

 

ケノンの説明書やQ&Aでは2週間程度期間をおいて使うように指示されています。
最低でも1週間は間隔をあける必要があります。
もし脱毛サロンに通った経験がある人であれば、おそらくこの間隔は短いと感じるのではないでしょうか?
これが初めての脱毛という人は2週間という間隔は長いと感じるかと思います。

 

 

 

実際に使っている人のレビューなどを見ると

  • 最初の2回は2週間に1回
  • 3回目以降は1ヶ月に1回

というのが一般的のようです。
男性の髭に関しては成長速度も早く根深いので7〜10日に1回ペースでケノンを使うのが良いといわれています。
使う間隔は毛周期ありきなので、脱毛と毛周期の関係を知っておく必要があります。

 

 

 

脱毛というのは毛周期と深い関係があります。
この毛周期を無視して脱毛をした場合は無駄打ちとなりカートリッジを無駄浪費するということに繋がりかねませんのである程度の知識を持って脱毛にのぞみましょう。

 

[スポンサードリンク]

 

 

脱毛について調べていると脱毛サロンを紹介するサイトを見かける機会は多いかと思います。
それらのサイトでは毛周期について紹介されていることが多いでしょう。
毛周期は3ヶ月程度と紹介されており、3ヶ月に1回程度脱毛サロンに通うようにすすめているものが多く見られます。
脱毛サロンでも次の予約は3ヶ月後を指定されることが多いです。

 

 

 

脱毛サロンでは光脱毛という方法で脱毛しているとことがほとんどです。
かつての脱毛というのは電気針というものを使って1本1本抜いていく方法が主流でした。
この電離針を用いた手法は毛が生える元になる毛根やその周辺の細胞を破壊することで毛が生えてこない状況をつくるというものです。
効果が非常に高い脱毛法なのですが1本抜くのに時間もかかり、1本抜くのに100〜200円が相場と言われています。

 

 

 

脱毛はとても費用と時間のかかるものでした。
その問題点を解決したのが光脱毛です。
脱毛の行為そのものは医療行為であるため医師による施術しかできません。
しかし、光脱毛は免許がなくても一定の訓練を受ければ操作できる装置を使います。
よって脱毛サロンのような医療機関でなくても脱毛ができます。

 

 

 

光脱毛というのは毛周期に着目した脱毛方法です。
毛周期というのは

  1. 成長期
  2. 退行期
  3. 休止期

おおまかに分けると3つの期間があり、この3期がローテーションします。

 

 

 

髪の毛を例にしてみましょう。
髪の毛の毛周期は

  • 成長期…2〜6年
  • 退行期…2週間程度
  • 休止期…2〜4ヶ月

このようになっています。

 

 

 

髪の毛は生え始めたら2〜6年は成長を続けます。
2〜6年が経過すると成長がストップして退行期に入っていきます。
成長するということは毛細血管から栄養を取り込んで毛乳頭を介して髪の毛に送られていきます。
(髪の毛を作り出す細胞を毛母細胞といいます)
退行期というのは頭皮が役目を終えたと判断した髪の毛には栄養を送らないという判断を下します。
栄養が受け取れない髪の毛はしばらくは残りますが、やがて抜け落ちていきます。
そして休止期に入り次に生え変わる時を待ちます。

 

 

 

光脱毛という方法は成長期に注目しています。
毛というのは栄養が送られ続ける限り成長します。
光脱毛は特殊な光を肌に当てることで成長期を強制的に終了させることをします。
毛が生える細胞を破壊するのではなく栄養を送る経路を塞ぐということです。

 

 

 

栄養が送られなくなった毛は、その時点から退行期に入ります。
髪の毛にかぎらず退行期は2週間ほどとされています。
ほとんどの人は施術から2週間後には毛穴が閉じて抜け落ちるのを実感されています。
抜け落ちたら休止期に入ります。

 

 

 

休止期に入ったらしばらく毛は生えてこないのですが、体はもっと優れた構造をしています。
1つの毛母細胞の活動が止まったとして、抜けた時点ですぐに次の毛母細胞が活動を開始します。
歴史に興味のある方は織田信長が結成した鉄砲隊三段打といえばイメージがつきやすいかと思います。
休止期に入ったら後ろには次の隊列が待っているのです。

 

 

 

表皮に見える毛というのは体全体の3分の1と言われており、残りは皮膚の中で生える時を待っています。
抜けたらすぐに次の細胞が活動を初めます。
ケノンがなぜ2週間の間隔を必要としているかがお分かりかと思います。

 

 

 

光脱毛の効果があるのは成長期になります。
前回の施術で退行期に入ってムダ毛は2週間ほどで抜けて、同時に新しい細胞が活動を始めます。
活動を始めてすぐにケノンを照射すれば早い段階でムダ毛処理ができるわけです。

 

 

 

ケノンなどの光脱毛は埋没したものではなく皮膚上に毛が生えた状態で施術したほうが効果的と言われています。
毛周期は目安というものはあるものの、やはり人それぞれ違っています。
髪の毛は極端ですが2〜6年と幅が広くあります。

 

 

 

脱毛サロンでは3ヶ月程度を目安としています。
施術後、退行期に入ると2週間くらいで抜け落ちていきます。
抜け落ちて毛が生えてきたのが分かるようになれば施術はできますが、脱毛サロンは不特定多数の人が利用するためはっきりとした期間の設定ができません。
それをしようとしたら毎日毛の状態を脱毛サロンに報告するしかありません。
当然、そのようなことは不可能です。
そうなると毛周期の平均、もしくは一番遅い人に合わせることになり3ヶ月程度という間隔になります。

 

 

 

脱毛サロンは毛周期に合わせて施術をしますが最適な時期は逃していると言えるかもしれません。
その点ではケノンは自分で常に毛の状態を確認して使いたいときに使えますから毛周期の最適な時期に施術ができる強みがあります。

 

 

 

ケノンを使うにはどのくらいの間隔を開けたらよいかという話に戻ります。
ここまで説明してきたように最終的にはご自身の判断になります。
退行期が2週間で毛が抜け落ちるのを実感し、毛穴が開いて新しい毛が生えてくるのを確認できたら次の脱毛をしても良いかと思います。
2週間よりも早い段階で毛が抜け落ちて新しい毛が生えてくるようなことがあれば使ってよいです。
退行期中や新細胞の活動前に使うのはカートリッジを無駄浪費になるでしょう。

 

▼購入はこちら▼
ケノン,間隔,長さ,周期,頻度

[スポンサードリンク]