ケノン 飲酒

アルコールは血管を広げて体温を上げる

ケノンは家庭用脱毛器なので自宅で好きなときにできるというのが良い所ですよね。
自由に使えるという良さはありますが使うタイミングというのはしっかり管理しておかないと思わぬ事故になってしまうこともありますから注意が必要です。
使うタイミングで気をつけなければいけないのは飲酒の前後でしょう。
ここでは飲酒前後の脱毛について紹介しまします。

 

 

 

脱毛サロンでは初回のカウンセリングを受ける場合などに脱毛前後の注意があります。
脱毛後は日光に当たらないようにするとか保湿をしっかりするなどあります。
助成であれば肌の状態を特に気にしますからこのあたりは怠ることなくアフターケアを実践されるかと思います。
それと同じくらい重要なのが飲酒のタイミングになります。

 

 

 

脱毛サロンでは脱毛前後の飲酒は控えるように注意が促されます。
もし飲酒をして一定時間の経過を待たずして脱毛を受けようとすれば大抵の場合は施術を断られます。
脱毛サロンはプロの医者ではありませんから、医者以上に慎重になります。
万が一、脱毛をして肌トラブルを起こしてしまったら大問題です。
脱毛サロンは健康な状態で最高の肌の状態で行うことを大前提にしています。
脱毛後もその日の飲酒は控えるように指示があリます。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

ケノンと脱毛サロンは基本的に同じ光脱毛を採用しています。
脱毛サロンが脱毛前後の飲酒を控えるように言っているのであれば、ケノンの光脱毛も同様に飲酒は控えないといけません。
しかし、ケノンは家庭用の脱毛器ですから処理をするのは自分ですね。
脱毛をするしないを決めるのも自分の判断となります。
基本的に止める人は誰もいないということになります。
説明書をしっかり読めば注意事項にありますが、説明書は流し読みする人が多く見落としがちというのも事実です。
ここではなぜ脱毛前後の飲酒がダメなのかを紹介できたらと思います。

 

 

 

ケノン使用前の飲酒
ケノンを使用する前に飲酒をするのはなぜ控えたほうが良いのか?
この件については脱毛前後に風呂に入ってよいかということとよく似ています。
ケノンの脱毛は風呂前・風呂上がりでも大丈夫か?注意点など
飲酒をするということはアルコールを摂取することです。
アルコールを摂取すると血管が拡張し血圧の低下が起こります。
血管が広がるわけですから通常心臓から送り出される血液では足りないということになります。
そうすると心臓は足りない分を補おうとして活発に活動をはじめます。
アルコールを飲んで脈が早くなるという経験をしたことがある人は多いと思いますが、このようなメカニズムがあるから脈が早くなるのですね。

 

 

 

血液というのは体中に栄養を送り届けることが目的ですが、同時に熱を体中に送っているという役割もあリます。
人間の体温は36.5℃が平均でどんな環境でもこの体温を維持しようとします。
これが実現しているのは体中にある血管から血液を伝って熱が送り出されているからと考えられます。
もし過去にご親族の葬儀でご遺体に触れることがあった人は分かると思いますが冷えきっていますよね。
これは心臓の活動が停止していて体温調節ができていないからです。
私達は気温に左右される面はありますが寝ている間も体温は一定に保たれています。
これは心臓が生きている間活動を続けているからに他なりません。

 

 

 

アルコールによって血管が膨張して血液の流れる量が増えれば熱量も増えますので体温上昇につながるということになります。
ケノンで脱毛をする前は保冷剤を使ってクールダウンさせます。
光脱毛は発毛細胞に熱を与えるわけですからその負担を減らすためにクールダウンします。
体を冷やさないといけないのにわざわざ体を温めてどうするのですか?ということになります。

 

 

 

通常の状態であれば保冷剤のクールダウンで体温を一時的に下げることはできますが、アルコールを摂取した場合は血行が良いのですから熱が次々に運ばれてきます。
クールダウンの意味がなくなります。
ケノンでクールダウンをせず脱毛した人は赤みなど肌トラブルが出ているという口コミを見かけます。
アルコール摂取後はいくらクールダウンしたとしてもしていない時と同じ症状が出ると見てよいかと思います。
肌トラブルを避けるために飲酒後のケノン使用はやめましょう。

 

 

 

少し余談ですが、運動した後もケノンの使用は控えます。
理由は飲酒と同じく血行が良い状態になっているからです。
血管はアルコールでも膨張しますが温めても膨張します。
熱い温泉に入った後に茹でダコみたいに真っ赤になることありませんか?
体の皮膚には目には見えない毛細血管が張り巡らされています。
皮膚を温めると血管が膨張し血流が良くなり目に見えるようになります。
これが一種な赤みと呼ばれるものです。
ただでさえ血管が膨張しているのに、そこにさらに熱を加えて膨張させるのは体に不調をきたす原因になるのは言うまでもありません。
アルコールを摂取して顔が真っ赤になるのもこの現象と同じとのこと。
血管が膨張するようなことは脱毛前にしてはいけません。

 

 

 

次にケノン使用後の飲酒。
ケノンを使用後の飲酒はなぜダメなのか?
これも飲酒前にケノンを使うというのとほぼ同じ理由になります。
脱毛後は肌が弱った状態になり保湿クリームなどを使ってできるだけ刺激のないように気をつける必要があリます。

 

 

 

アルコール飲料の定番といえばビールですね。
飲み会といえば最初に生ビールを頼むのが一般的です。
このビールにはヒスタミンという痒みを引き起こす原因が含まれています。
ビール以外にも赤ワインにも含まれているとのことです。
食品アレルギーを引き起こすものにはヒスタミンが含まれているのでアルコールを摂取する以外の方法でも口に入れることはあるのでアルコールだけが悪ということはできません。
しかし、アルコールは血行をよくしますから体中にヒスタミンのめぐりを活発にします。
肌が弱った状態でヒスタミンが送り込まれてきたら肌はどうなるでしょうか?

 

 

 

アルコールに弱い人が飲酒をすると発疹の症状が見られることがあリます。
発疹は体の毒素を出そうとする反応です。
アルコールに弱い体質の人にとってはアルコールは害でしかありません。
当然アルコールという害を処理する反応が見られます。
体調が万全でない場合にこのようなアルコールアレルギーの症状は出ます。
脱毛をした場所は万全な状態ではないのですから症状が出やすいのは当然です。
これは後の肌トラブルの原因になることも十分考えられます。

 

 

 

脱毛の前後はアルコール摂取は控えたほうがよいでしょう。
脱毛サロンであれば間違いなく飲酒は禁止となります。
働く女性であれば金曜日に飲み会があるということは珍しくないでしょう。
翌日が休みですからね。
もし、その翌日に脱毛サロンの予約を入れていたとしたら
飲み会を断る
脱毛をキャンセルする
のどちらかの選択を迫られます。
脱毛をキャンセルすれば次の予約が何ヶ月先になるか分かりません。
飲み会を断れば車内の人間関係を心配してしまうこともあるでしょう。
苦渋の選択を強いられます。

 

 

 

これがケノンであれば自分でコントロールができます。
金曜日に飲み会があるのであれば日曜日に脱毛すればいいのです。
家庭用脱毛器の一番良いところはここですね。
ケノンの性能は脱毛サロンと同等なわけですから、自分でやらないといけないという面倒さはあっても時間の自由があるというのは大きいです。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,飲酒

[スポンサードリンク]