ケノン 日焼け

日焼け肌の回復を待ってからケノンを使用がベスト

日焼け後にケノンを使うとした場合どのようなことを注意しなければいけないのでしょうか?
脱毛サロンなどでは「日焼けしないように!」という注意があリます。
このように日焼けに対しての注意喚起があるということは当然脱毛を正常に行えないからです。
ケノンは光脱毛ですから脱毛サロンがダメならばケノンもダメなのです。

 

 

 

脱毛サロンで日焼け肌に施術をしてもらうおうとお願いすれば断られる可能性が高いのですが、ケノンは家庭用脱毛器で都合の良いタイミングで好きなだけ脱毛できるというのが強みです。
夏の終わりごろの販売ページを見ると「秋脱毛が最適」というキーワードが見られます。
春が脱毛には最適のシーズンですが秋も気温が程よいため脱毛には最適なのですね。
しかし、秋は日差しの強い夏が終わったあとなので日焼け肌が残っています。

 

 

 

自己責任にはなりますが、日焼け後の肌であってもケノンを使用することはできなくはありません。
そこで注意点を紹介したいと思います。
注意点を守れば日焼け後でも安全に脱毛ができるかと考えられます。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

最初に日焼けとは一体肌がどのような状態になっていることを言うのでしょうか?
目に見えてわかる日焼けといえば、最初のうちは肌に炎症が発生して真っ赤になっている状態になります。
真っ赤な状態が治まってくると肌の色がその部分だけ褐色に変化していきます。
海水浴で日焼けをした後はVラインがくっきり見えるなんてことありますね。
普通の肌の色に比べて明らかに褐色に変化しているのが目に見えて分かります。

 

 

 

肌が褐色になるのは肌の中にあるメラニンという色素が働きます。
メラニンは刺激に対して反応して集まってきます。
メラニンは黒色ですからその部分が来るっぽくなるわけです。
日焼けは日光の紫外線によって起こるもので、紫外線は体には有害な光線です。
これを浴びれば体は防衛反応をしめしてメラニンを生成し紫外線の侵入を防ごうとします。
結果的に肌の色が濃くなるというわけです。

 

 

 

紫外線を浴びた肌は表皮がダメージを受けた状態になります。
さらに日光は熱も持っていますから体温が上昇します。
体温が上昇すれば体内の水分が徐々に蒸発していきます。
熱中症に近い症状です。
本来であれば正常な肌はバリアを作って水分の蒸発を防ごうとしますが、紫外線によって組織が破壊されているのでうまく機能せず普段に増して水分蒸発が起こります。
肌荒れがさらなる肌荒れを引き起こす悪循環へと入っていきます。

 

 

 

ケノンは光脱毛でメラニンに働きかける脱毛です。
毛根細胞に熱を加えて細胞に変化を起こし栄養が行き届かなくなるように仕向けて脱毛をしていく方法になります。
肌の中に熱を埋め込む脱毛方法ですから日焼けで弱った肌に対して、さらに追い打ちを掛けるという事態になってしまいます。
日焼けというのは肌にメラニンが多い状態ですから、このような状態で光脱毛をしたらどうなるでしょうか?
これが日焼けした状態で脱毛をしないほうが良いという理由になります。

 

 

 

ケノンは「秋脱毛が最適」とうたってます。
夏場は脱毛に適さないのは当然ですが、冬場は寒くて脱毛という気分にはなれないでしょう。
気温が程よい秋も春と同じく最適なシーズンといえるのです。
しかし、日焼け肌を引きずっているためケアをしてから出ないと上記のような肌トラブルを加速させることになりかねませんのでしっかり対策をしてから脱毛にのぞむようにしたほうが良いです。

 

 

 

ではどのような点に注意っしたらよいか?
ケノンを使う前に肌のケアを重点的にするということです。
使用直前というわけではなく日焼けを解消させる意味です。
緊急性がある場合以外であれば日焼けを解消した後に脱毛に入るのが一番よいです。
ケノンを照射してから毛が抜け落ちるまでは平均して2週間ほどですから緊急の場合はケノン以外の方法が良いと思われますが。
日焼け後の肌ですぐ使いたいのであれば肌に負担をかけない低いレベルで使うようにしましょう。

 

 

 

ここから先はできるだけ短期間で日焼けの解消が出来る方法を紹介していきます。
日焼けというのは紫外線によって肌がダメージを受けた状態です。
肌の細胞が壊れておりさらに水分が抜けやすい状態です。
ここからお分かりのように肌の冷却と保湿を徹底的にしていきます。
肌の熱を逃して水分の蒸発を防ぐ対策を施していきます。

 

 

 

ケノンの光脱毛というのはメラニンに働きかけますので日焼けしているメラニンの多い肌は多くの熱を吸収します。
脱毛時に熱を加えるので軽い痛みがありますが、日焼け肌は吸収する熱の量が増えるので痛みも増えます。
そこで美白液を重点的に使って肌色を戻そうとすると思いますが、焦っては良い結果は出ません。

 

 

 

美白効果のあるビタミンCは健康な肌にとっては良いものでもダメージを受けた肌に対してはさらに肌荒れを引き起こす原因にしかなりません。
日焼け後の肌にビタミンC入の美容液を使うとしみると思いますので肌に良くないのが体感的にわかると思います。
肌の保湿にはワセリンが良いと言われています。
最近では美白成分のある低刺激のクリームもありますので活用してみると日焼け肌の解消を早めるかもしれません。
メラニンは刺激に対しても反応しますから優しく塗るようにします。

 

 

 

日焼け後の肌にケノンを使うのであれば日焼けを解消してからがベストです。
体毛を抜くという処理ですから負担はかかります。
健康な状態であれば負担は少なくて済みますが、日焼け肌はあダメージを受けて不健康な状態です。
このような状態ではできるだけ脱毛はせず、肌の回復を優先的にしたほうが良いです。
それでも使いたいのであれば低いレベルから使用するようにしましょう。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,日焼け後,秋脱毛,注意点,日焼け肌

[スポンサードリンク]