ケノン 肌荒れ

肌荒れに関する感想は高評価のケノン

ケノンで肌荒れは起こるのでしょうか?
家庭用脱毛器の中でも価格が高い部類に入るケノンなので購入して存したなんてことにはしなく無いですよね。
特に肌荒れは気になる部分かと思いますので、ここで実際に利用者の声を聞きながら肌荒れが起こるのかどうかを考えてみましょう。

 

 

 

最初にケノンは肌にやさしいのかどうかについてです。
販売ページを見ると肌にやさしいということを大々的にアピールしているように見えます。
脱毛といえど手法はいろいろあリます。
ワックスを使うものや医療機関などで永久脱毛として行われている電気針を使うもの、脱毛とは言えませんが電気シェーバーを使った処理など様々です。

 

 

 

ケノンが採用している脱毛手法はエステサロンなどでよく用いられる光脱毛というものです。
光脱毛は特殊な光を用いて行う脱毛で肌への負担が少なく安全な脱毛ができるということで人気を集めています。
この特殊な光はメラニンに反応する光なのでムダ毛の毛根部分に反応します。
肌に直接的な影響は少ないため技術的に見たら肌に優しく肌荒れを起こす心配が少ないと言えます。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

光脱毛に用いられているIPLという光は美容業界でも注目されているものです。
このIPLという光にはターンオーバーを促進する効果が期待できるとされており、肌の生まれ変わりを活性化して美肌を目指そうというものになります。
エステサロンではフォトフェイシャルというメニューで出ていることが多いですね。
ケノンの光脱毛はフォトフェイシャルよりも強い光を使用しているため肌にとっては良い光源ということになります。

 

 

 

ケノンには美顔器のカートリッジオプションがあリます。
本体のカートリッジを美顔器用に変更するだけでフォトフェイシャルができるということです。
後ほど紹介しますが口コミでもケノンを使用して肌の調子が良くなったという人もいます。
脱毛器と美顔器では強さが異なりますので調子が良くなった原因かどうかはわかりませんが、同じ光源であるため影響は少なからずあるでしょう。

 

 

 

ケノンは日本製で商品開発も日本企業が行っています。
販売ページでも日本人の肌に合わせて作られた脱毛器であるということもアピールしています。
販売しているエムロックという企業は2005年頃から家庭用脱毛器の販売をしていました。
当初は海外の製品を扱っていましたが今は日本製へのこだわりを見せていますので、長く販売してきて脱毛器は日本製で日本人向けでないといけないということがわかった結果かと思います。
日本人の肌を研究して作られたケノンが肌荒れを起こしやすいとは考えにくいと言えます。

 

 

 

少し長くなりましたがケノンの肌荒れに対する安全性を考えてみました。
理論上では安全であることは分かるのですが実際に使っている人の声がなにより重要です。
肌荒れに関しては口コミの情報が一番参考になりますのでここから先は口コミについての紹介をしていきます。

 

 

 

楽天の口コミは19,000件ほどあります。
さすがは売れているケノンですね。
数は少ない(80件ほど)のですが肌荒れに関する感想を投稿されている人もいます。
その感想は役に立ちそうだったので簡単に紹介します。

 

 

 

肌荒れを気にして購入されている人の多くはカミソリによる無駄毛の処理をしていて肌荒れに悩み購入に至ったケースがほとんどのようです。
なかには他の光脱毛以外の脱毛器からの乗り換えという人もいました。
肌荒れが慢性化しており脱毛サロンに通うのも恥ずかしいという人が藁をもすがる思いでケノンを手にしていることが分かりました。

 

 

 

その数少ない肌荒れに関する口コミを見るとすべてが「肌荒れは起こっていない」というものでした。
評価も3〜5と高いものになっています。
ひとつやふたつくらい肌荒れが起こったという口コミがあるかなと思ったのですが意外な感じがしました。

 

 

 

あとで紹介しますが、肌荒れを気にしている人はしっかり説明書を読んで使われているなと感じられます。
最初はテスト的に弱いレベルからスタートされています。
最初はレベル1からスタートして徐々にレベルを上げて最終的にレベル10でも大丈夫という人もいました。
レベル10になると肌荒れの軽度の症状が出たという人もいます。
利用方法さえ間違えなければケノンで肌荒れが起こるリスクというのは無いと言ってもよいのではないでしょうか。

 

 

 

気になった口コミが肌荒れが良くなったと感じられている人がいたことです。
先に紹介しましたが光脱毛はIPLという光を用いています。
肌のターンオーバーを活性化させるため皮膚の生まれ変わりが活発になりますから荒れた肌も剥がれ落ちて生まれ変わっていきます。

 

 

脱毛用の光は強力なのでそのような効果が期待できるわけではありませんが、敏感肌の人は良い刺激に対しても敏感なのかなと考えられます。
本来の効果ではありませんが。

 

 

 

肌荒れを気にしている人がほとんど肌荒れを起こしていないということはケノンは心配する程でもないということが言えそうです。
もちろん使い方をしっかり理解した上でのはなしで、どんな安全性の高いものであっても使い方を間違えると事故につながります。
次はケノンの肌荒れリスクを減らす使い方を見ていきます。

 

 

 

ケノンの肌荒れリスクを減らす方法と言っても特別なことは何もありません。
説明書のとおりに脱毛を進めれば安全に使うことができます。
取扱説明書というのはあらゆる試験を行って安全に使える方法を模索して作成されているのですから従っていれば間違いありません。

 

 

 

よくやってしまう間違いというのは脱毛を連続でやるということです。
光脱毛の原理は毛根細胞を弱らせて脱毛していく方法になります。
ケノンの原理は永久脱毛ではない!ニードルとワックスとの違い
ケノンを照射するとムダ毛に栄養がわたらなくなりやせ細って2週間ほどで抜け落ちます。
基本的に放置すれば自然と抜けていくものです。
この原理を知らず抜けないからといって毎日照射していてはいくら肌にやさしい光脱毛も常時熱を肌に埋め込むのと同じですから肌にダメージが行きます。
ヤケドのような症状が出る可能性もあリます。

 

 

 

ケノンでは一度脱毛をしたら同じ部位は2週間は脱毛しないように指示されています。
健康な肌に自信のある人ほど短期的な効果を求めてやってしまう間違いです。
脱毛というのは時間をかけてじっくり行うものですから焦らず根気よく照射し肌トラブルを防ぐことが大切です。

 

 

 

  • ケノンの使用前後はしっかり冷却
  • 最初は低いレベルから徐々に上げていく
  • 最低でも2週間程度は間隔を開ける
  • アフターケアを怠らない

 

 

 

このくらいを守っていれば肌トラブルは回避できるでしょう。
説明書をしっかり確認して肌荒れを引き起こさない脱毛を目指しましょう。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,肌荒れ,IPL,フォトフェイシャル

[スポンサードリンク]