ケノン 銀座カラー 比較

安く自分で脱毛するならケノン

ケノンと銀座カラーの比較をしていきます。
ケノンは家庭用脱毛器で銀座カラーは脱毛サロンです。
脱毛というジャンルは同じですが要素の異なる2つの比較なので難しい比較になります。
銀座カラーの情報を見ていてケノンという脱毛器を見かけて興味を持たれた人かと思いますので、この情報がほしいというものピックアップして解説できたらと考えています。

 

 

 

ケノンという家庭用脱毛器についてあまり詳しくないという人もいるかもしれませんので簡単にご紹介させていただきます。
ケノンは数ある家庭用脱毛器の中でも一番売れている商品ですでに利用している人も数多くいます。
楽天での販売もあり口コミは18000件を超えており高い評価を得ています。

 

 

 

販売会社であるエムロックは通信販売事業をしている企業になります。
通信販売を專門としているため家電量販店への販売は一切行っていません。
顧客情報管理もしっかりしており、ケノンは「正規販売店」の表示のあるお店での購入以外はサポートや関連商品の販売は一切しないと言う立場をとっています。
その代わり正規販売店で購入した人には故障しても無償で修理(保証期間内)など手厚い手厚いサポートを用意しており利用者との信頼関係を築いています。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

ケノンは様々な方向から絶賛されているのでステマとかヤラセとか疑われることも多いです。
とはいえ楽天の18000件という口コミはヤラセでできるような数ではありません。
見るとわかりますが内容は具体的に書かれており実際に使っていることがわかります。
ステマが全くないとは言い切れませんが、販売実績と楽天に寄せられた口コミを含めても信用できる情報は数多くあリます。
それでも信用できない場合は、銀座カラーのほうが良いのではないでしょうか。

 

 

 

家庭用脱毛器の良さといえば時間に拘束されないという点です。
自分で脱毛をしないといけないため手間はかかりますが、時間に左右されないというのは大きいことです。
ムダ毛が気になるなと思ったらすぐに脱毛をすることができるので魅力的です。
脱毛サロンは予約制ですから気軽に通うというのは無理があリます。

 

 

 

自分で出来て時間にも左右されないというメリットがある反面、全て自分で脱毛をするため脱毛後の肌トラブルを抑える保湿も全て自分でやる必要があリます。
背中など自分ではできない部位も何とかしないといけません。
デメリットと思えることは全て自分でやるというところでしょうか。

 

 

 

次に銀座カラーの特徴をまとめてみたいと思います。
銀座カラーは1993年5月28日に開業した脱毛専門サロンです。
開業当時の話はあまりないのですが、おそらくレーザー脱毛を取り扱っていたと考えられます。
ニードル脱毛が現在のメニューにはないのでレーザー脱毛ではないかと見られます。

 

 

 

レーザー脱毛は医療行為に認定され出力を落とした光脱毛の一種であるIPL脱毛を現在は主として行っています。
開業からは20年以上経過しており実績豊富な脱毛サロンとなっています。
他の脱毛サロンに比べ運営歴がながいですから、長きに渡り蓄積されたノウハウから利用者に最適な脱毛を提供できることを強みとしています。

 

 

 

ケノンを使う場合は保湿などのアフターケアもすべて自分の判断で行う必要がありますが、脱毛サロンではその必要はなくプロのエステシャンにまかせておくことができます。
銀座カラーでは「美肌潤美」という独自の保湿ケアを同時提供しています。
「美肌潤美」の保湿力は95%ともいわれ赤ちゃん肌のようなぷるっともちもち肌になる効果が期待できるのです。
ケノンには無いサービスですね。
「美肌潤美」は脱毛できるクリニックとして有名なアリシアクリニックとの共同開発です。
皮膚科との共同開発なので間違いないでしょう。

 

 

 

銀座カラーは20年以上脱毛に携わってきたという歴史がありますから多くの人の肌に対する情報が蓄積されています。
その蓄積されたデータから最適な肌カルテを作り利用者に満足できる脱毛を提供しています。
皮膚科クリニックとの提携もあり万が一の肌トラブルでも安心して任せることができます。
ケノンでは肌トラブルの解決も自分でしないといけませんから、脱毛サロンの強みと言えますね。

 

 

 

銀座カラーとケノンの良い点を紹介してきました。
これらの良い点を考慮してどちらを利用するかを決めると良いかと思いますが、決定的な判断材料にはなりにくいのでもう少し掘り下げていきます。

 

 

 

一番気になっているのは料金なのではないでしょうか?
ケノンお購入を検討されている人は脱毛サロンいかようより自分でやったほうが安上がりと考えている人がほとんどですからね。
ここからは価格面での比較をしてみます。

 

 

 

ケノンのほうですが、本体の購入は10万円ほどになります。
キャンペーンでもっと安い価格になっている場合もありますが定価が10万円近辺なので10万円としましょう。

 

 

 

銀座カラーは脱毛部位をメニューから選択することになります。
フリーチョイスプランというものがあり1部位各6回脱毛が

  • デリケートチョイス…13,000円
  • スタンダードチョイス…26,000円

という価格になっています。

 

 

 

デリケートチョイスの部位

  • 両ワキ
  • 両手の甲・指
  • 両足の甲・指
  • へそ周り
  • へそ下
  • Vライン上部
  • Vラインサイド
  • 両ひざ
  • 乳輪周り
  • えり足

 

 

 

スタンダードチョイスの部位

  • 両ヒジ上
  • 両ヒジ下
  • 両ひざ上
  • 両ひざ下
  • 背中上
  • 背中下
  • お腹
  • Vライン
  • ヒップ
  • ヒップ奥

 

 

 

光脱毛は6回で完了するということはあまりありません。
人によりますが1年4回を3年通ってようやく完了となることが多いそうです。
つまりデリケートチョイス、スタンダードチョイスを2巡して完了となります。

 

 

 

2巡するとしたら

  • デリケートチョイス…26,000円
  • スタンダードチョイス…52,000円

このような価格になるでしょう。

 

 

 

ケノンの販売価格は10万円です。
デリケートチョイスでは4部位、スタンダードチョイスでは2部位でケノンと同じ価格になります。
ケノンのランニングコストはほとんど考えなくてよいです。
電気代も1ショット0.02円程度ですからほぼないのと同じです。

 

 

 

ケノンと脱毛サロンを価格比較するなら最初にどれだけお金が払えるかになってきます。
デリケートチョイスで選べる部位を3箇所脱毛するのであればケノンより銀座カラーのほうが良いということになります。
スタンダードチョイスの部位なら1箇所です。

 

 

 

デリケートチョイスが4箇所、スタンダードチョイスが2箇所になるとケノンのほうが価格面では安いということになるでしょう。
価格以外で銀座カラーを選ぶなら保湿のサービスやプロの施術が受けられるということでしょうか。
ケノンは自分で脱毛をする分、毛周期など理解する必要がありますから手間にはなりますね。
手が届かない部位の脱毛はどうにかする必要もあリます。

 

 

 

自分で脱毛に関する知識を学んででも安くしたいというのであればケノン、通ってでもプロに任せたほうが安心とお考えであれば銀座カラーで良いのかなと思います。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,銀座カラー,比較

[スポンサードリンク]