ケノン 原理

栄養が送られない状態をつくりだす脱毛方法

ケノンの原理をご説明したいと思います。
どのような脱毛をしているのかを知っていたほうが安心して使えますよね。
原理の全てを解説するのは難しいですが光脱毛がどのような原理で脱毛しているかくらいを簡単に知っておけば知識としても役立ちますし、今後の脱毛の方針を決める上でも役に立つかと思います。

 

 

 

ケノンは光脱毛という方法を採用しています。
光脱毛は黒色の色素に反応する光を肌に照射して脱毛をする方法になります。
日本人の毛はメラニンが含まれていますので黒色をしています。
このメラニンの含まれた毛という特性に着目したのが光脱毛というものです。

 

 

 

ケノンが採用している光脱毛の原理を知るには毛根がどのようになっているかという点を知って置かなければいけません。
簡単ではありますがここで紹介させていただきます。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

毛根というのは肌の中に埋まっている体毛を形成する細胞の総称といえます。
体毛が生えるのは毛細血管、毛母細胞、毛乳頭細胞といった組織が働いて体毛が生えてくるというものです。
体毛は成長を続けて伸び続けています。
髪の毛をみれば毛が常に成長しているということがお分かりかと思います。

 

 

 

成長するには栄養というのは必要不可欠です。
体毛は体中を張り巡らされている毛細血管より栄養を受け取ります。
毛細血管は毛乳頭細胞と繋がっています。
毛乳頭細胞は体毛の根本である毛母細胞と繋がっており毛乳頭細胞と毛母細胞を経由して栄養が送られる仕組みになっています。

 

 

どんなものにも寿命があるように体毛にも寿命があリます。
これが毛周期と呼ばれるもので、脱毛を調べていると必ず目にする単語かと思います。
毛周期は成長期、退行期、休止期の3つのサイクルを表しており、生まれてから抜け落ち再び生えてくるまでを1周としています。
成長した体毛は必ず退行期を迎えて抜け落ちていきます。

 

 

 

光脱毛の原理はこの毛周期に着目したものになります。
ケノンの発する光はIPLというものです。
この光はメラニンに反応するというのは先に紹介したとおりです。
このIPLという光を肌に照射すると体毛の黒色に反応して熱を加えていきます。

 

 

 

皮膚は60℃近い熱を加えるとヤケドの症状が出ます。
体毛はタンパク質でできていますので皮膚と同じく60℃くらいの温度でを加えるとヤケドの症状が出ます。
皮膚がヤケドをすると時間が経つに連れて新しい皮膚に生まれ変わっていきます。
体毛もこれと同じように生まれ代わりがあります。

 

 

 

体毛は毛乳頭細胞や毛母細胞を経由して栄養を受け取って成長していますが、ケノンなどでメラニンに反応する光を照射して毛根細胞に熱を加える事で物質変化を起こして毛乳頭細胞や毛母細胞が役目を終えた毛と判断するようになり栄養が送られなくなり抜け落ちていきます。
光脱毛は栄養が送られる経路を遮断して体毛を弱らせて自然と抜くというの原理になっています。

 

 

 

光脱毛は肌にやさしい脱毛方法とよく言われます。
IPLは肌組織には影響を及ぼさないので肌にやさしい脱毛方法と紹介されています。
といっても毛根に熱を加えていくので肌に全くダメージがないとは言い切れません。
脱毛後はクールダウンと保湿をするなど適切な処置をして肌トラブルを防ぐ必要があリます。
ケノンの脱毛原理は毛周期に着目し栄養を送り届けない状態にして自然と抜いていくというものになります。
医療レーザー脱毛というものもありますが原理は同じで光の強さが基準値を超えるか超えないかです。
好評はされていませんが一定の強さを超えると医師免許がないと扱えなくなります。
基準値を超えているものが光脱毛のなかでも医療レーザー脱毛という名称が使われ区別されています。

 

 

 

ケノンの脱毛原理とは関係がありませんが、ニードル脱毛(電気針脱毛)の原理についても少し触れておきます。
ニードル脱毛は永久脱毛として認められている手法になります。
ニードル脱毛は脱毛の歴史が長く永久脱毛として世界で認められているのはこの方法だけになります。
光脱毛は歴史が浅く検証期間が短いため永久脱毛としては認められていません。
しかし、光脱毛は現在では幅広く行われており効果が実証されれば永久脱毛の方法になる可能性はあリます。
ケノンの光脱毛は現在では永久脱毛とは言えません。

 

 

 

ニードル脱毛の原理は毛穴に極細のニードル(針)を差し込み電気を流して熱を与えて細胞を破壊するという脱毛方法になります。
光脱毛は黒色に反応する光を使って脱毛する方法だったので黒色素を持たない毛乳頭細胞には効果がありません。

 

 

 

ニードル脱毛は黒色素は関係ありません。
針を直接毛乳頭細胞付近まで持っていき熱を加えるので毛乳頭細胞を含め発毛の組織全てにダメージを与えることができます。

 

 

 

ニードル脱毛は光脱毛より効果が高いと言われます。
光脱毛は栄養を送られないようにするため毛乳頭細胞と毛母細胞を遮断するような手法です。
ニードル脱毛は毛乳頭細胞も毛母細胞も破壊してしまうので栄養を送り出す大元を止めてしまうわけですから効果が高いのは原理からもわかると思います。
効果は高いですが肌の組織を破壊するわけですから激痛が伴います。
この激痛に耐えられず挫折する人がYahoo!知恵袋を見ても多くいることがわかります。

 

 

 

最近注目を集め始めているワックス脱毛の原理も簡単に紹介します。
ワックス脱毛は価格も安く手軽にできるので密かに人気の出ている脱毛手法です。
専用のワックスを皮膚に塗りワックスとムダ毛が接着する原理を利用した脱毛方法です。
とても原始的でワックスとムダ毛が接着したら専用のテープを使って引き剥がします。

 

 

 

ワックス脱毛は健康な体毛を無理やり引き抜く方法になります。
ガムテープをムダ毛の上から貼ってめくるような感じになるので痛みは想像できるかと思います。
一番手軽で即効性のある脱毛手法になるかと思います。
しかし、肌から無理矢理抜くわけですから皮膚への負担も大きく肌が弱い人はやらないほうが良い手法です。

 

 

 

現在主流で行われている光脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛の原理を紹介しました。
ケノンの光脱毛は栄養が送られなくなるように仕向ける脱毛方法です。
毛乳頭細胞が生きている限り体毛は再生する可能性はあります。
しかし、人間は体を鍛えなければ体力はどんどん落ちていきます。
毛根細胞も脱毛を繰り返し活動を妨げることで体が「この細胞は不要なんだ」と錯覚するようになっていきます。
そして自然と細胞が衰えていき生えてこない状態になっていきます。

 

 

 

光脱毛は栄養が送られないようにするというのが原理です。
即効性は低い脱毛方法になります。
原理を理解した上で光脱毛を利用しましょう。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,原理,永久脱毛ではない,ニードル脱毛,ワックス脱毛,違い

[スポンサードリンク]