ケノン 風呂上がり

風呂前は体を冷やし風呂上がりは保湿

ケノンを使った前後で風呂には入るのはどうなのか?
ケノンと風呂の関係について解説したいと考えています。
風呂については説明書に記載がありませんのでどのようにしたら良いのか迷う人もいると思います。
ケノンの脱毛は光脱毛となので脱毛サロンの指示通りで良いですが、脱毛サロンに通ったことのない人は分かりませんね。
その辺りの解説になります。

 

 

 

ケノンの説明書には風呂に関する記載はありませんが、24時間日光にあたる場所へ行くことは控えるよう指示があリます。
光脱毛をした後は肌が熱を持った状態になります。
黒色に反応する光を照射してメラニン色素に熱を与える脱毛方法ですから、光の照射は肌に熱を埋め込むようなものになります。
光の質は違いますが日焼けに近い状態で、赤みが出るなど症状は似ていると思います。

 

 

 

日焼けをした後は肌がヒリヒリして痒みが出る状態です。
そういう場合は刺激がないよう湯船に入らずシャワーのぬるま湯で体を洗い流す程度に留めるかと思います。
日焼けも脱毛後も肌が熱を持った軽度のやけどをしている状態ですからできるだけ冷やすようにします。
水風呂なら良いですが、体調を崩す可能性があるので体温と同じ36.5℃前後の冷たさを感じる程度のシャワーがよいでしょう。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

風呂にはいる前のケノン脱毛はお風呂の入り方を間違えなければできます。
しかし、脱毛も清潔な状態でするのがベストと言えます。
脱毛サロンでは入浴後に脱毛というのが難しいので仕方がないですが、ケノンは自宅で脱毛ができるのですから風呂あがりにするのがオススメです。
毛穴に汚れがたまった状態と、きれいな毛穴の状態ではきれいな方が効果は出やすいでしょう。
どうしても風呂前でしかできない場合を除いて風呂あがりに脱毛するようにしたほうが良いです。

 

 

 

あと、脱毛後は肌が弱った状態になります。
風呂場というのは雑菌が繁殖しやすい場所になります。
毎日掃除をしていたとしても、雑菌は完全に除去できません。
特に風呂場は雑菌の活動にするのに最適な環境です。
脱毛後はシャワーを炙る程度しかできないので自分から雑菌を付着させないよう手短に終わらせるのが大切です

 

 

 

風呂あがりの脱毛についての注意点です。
風呂あがり後は体温が上昇し肌に熱を持った状態になります。
脱毛後のようなヤケドの状態ではないので、すぐに元に戻るかと思います。
風呂あがりに脱毛をする場合は、直後にするのではなく一定の時間を置いて体を冷やしてからがよいでしょう。
風呂にはいる前に脱毛をするのと同じで、熱い部位にさらに追い討ちをかけるのはよくありません。

 

 

 

ケノンを風呂場で使うというのは絶対にやめましょう。
防水性がありませんので感電などトラブルの危険性があリます。
ケノンを販売するエムロックでは風呂場での脱毛を推奨していません。
理由は風呂場は雑菌の繁殖が起こりやすいからです。
ケノンを使う前にムダ毛のシェービングを行うことになりますが、入浴時ではなく風呂上がりに行うほうが良いです。

 

 

 

ケノンは風呂前でも風呂上がりでも使うことはできます。
使うベストのタイミングは風呂上がりになります。
風呂上がり後、体を冷ましてからの使用が好ましいと言えます。
風呂の扱いは肌トラブルに直結してくるところですからできるだけ脱毛箇所を安静に保つというところに気をつけましょう。

 

▼正規販売店で購入はこちら▼
ケノン,風呂上がり

[スポンサードリンク]