ケノン 危ない

危険かどうかは使い方次第 実績で判断

ケノンは危ない脱毛器なのでしょうか?
ケノンの危険性について考えてみたいと思います。
脱毛の手法には色々ありますがケノンの脱毛は光脱毛と呼ばれるものですね。
危なくないのか疑っているということは光脱毛というのは周知かと思います。

 

 

 

強い光を発して脱毛をするわけですから危ないのではないかと疑いたくなるのは当然です。
もしケノンから太陽光と同じ光が出ているとしたら皮膚がんになってしまうのではないかとか肌が黒ずんでしまうのではないかなど疑問に感じてくるかと思います。
そうだとしたら怖いですよね。

 

 

 

ケノンは危なくないというと語弊がありますが、使い方を間違えなければ安全に取り扱うことができます。
皮膚がんになる、日焼けしてしまうといった危険性は一切ありませんのでご安心ください。
その理由について解説していきたいと思います。

 

 

[スポンサードリンク]

 

 

まず、ケノンの光脱毛はどのようなものかについてです。
ケノンの発する光というのはキセノンフラッシュという光です。
脱毛サロンでもキセノンフラッシュを使ったIPL脱毛というものが盛んに行われています。
このキセノンフラッシュは皮膚がんの原因にもなりうる紫外線のような有害光をカットして安全な光を残したものになります。

 

 

 

化学的な話になるととても難しくなりますので省略しますが、例で言うと車のライトなどに用いられています。
ひとむかしであれば車のライトは電球色(橙色)の光を発していました。
最近では白色の光を出す車が増えていますね。
全部ではありませんが白色の光はキセノンフラッシュとよばれるものを発しているものが多いです。

 

 

 

その他にもカメラのフラッシュがあります。
ケノンを使っている動画を見たことがある人なら分かると思いますが、ボタンを押したらカメラのフラッシュのような光が出ますよね。

 

 

 

キセノンフラッシュもこのように様々な用途に使えます。
車のライトやカメラのフラッシュは暗いところを明るく照らすという目的があります。
一方ケノンは肌に埋まっているメラニン色素に働きかけ脱毛するという目的で使われます。
使われ方によって光の出力は違います。
ケノンの出力のものをカメラのフラッシュに使ったら非常に危険です。
極端な例ですが使い方を誤らなければキセノンフラッシュ自体は危なくありません。

 

 

 

キセノンフラッシュは紫外線のような有害光をカットした光です。
皮膚がんなど肌への副作用というのはないと考えてよいです。
安い蛍光灯は微弱な紫外線を発しているものが多いと聞いたことがあります。
普段蛍光灯の下で生活をしていて何も異常がないならケノンで異常が見られることはないでしょう。

 

 

 

ただし、何度も言いますが使い方次第では危険性を伴います。
ケノンは使用する前に保冷剤で脱毛部位をしっかり冷やす必要があります。
これを怠ると肌の炎症が起こる可能性はあります。
ホクロやシミのような肌の色が濃い部分は光が当たらないよう覆い隠す必要があります。
これを怠ると激痛が走ったり炎症を起こしたりする可能性もあります。
危ないかどうかは使い方次第ということを強く言いたいと思います。

 

 

 

ここまで危険性は無いということをお話してきました。
危なくはないことはわかったけど心配という人もいるかもしれません。
日本人は石橋を叩いて渡る人が多いですから当然かなと思います。

 

 

 

ケノンはかつてイーモリジュという商品名で販売されていましたが、2012年3月にリニューアルされケノンと名称を変えて発売されました。
2014年現在で発売から2年が経過しています。
この2年の間にも沢山の人に使われています。
楽天のレビューは18000件を越えており沢山の人が愛用していることがわかります。
そのほとんどは高い評価をしています。

 

 

 

インターネット上では匿名性が高くヤラセや八百長といわれることが多く行われているのも事実です。
ネット上の口コミは当てにならないという人もいます。
しかし、ケノンは18000件の口コミがあります。
価格が10万円近いケノンにこれだけの口コミが集まるということはどういうことでしょうか?
信頼して購入している人がいるということです。

 

 

 

もしケノンが危険であれば個人のブログなどでも危険性について書かれている記事がたくさんあるでしょう。
最近はブログの登場でホームページが簡単に持てるようになりましたからすぐに情報は拡散します。
皮膚がんになった人が一人でも出たら大ニュースになっていますよ。
発売から2年で今でも売れ続けるということは本当に信頼されている証です。

 

 

 

危なくないかとか安全かどうかというのは証明できないものです。
しかし、そこを見るには実績しかありません。
ケノンは性能上は安全ですが、利用者がどう見るかが全てと考えられます。
購入するかどうかは実績を踏まえた上での判断になります。

 

▼購入はこちら▼
ケノン,危険,危ない,安全

[スポンサードリンク]